皆さん抜け毛や薄毛に悩んでいませんか?それを放っておくなんてとんでもない!今すぐ治療しないと取り返しのつかないことになってしまいます!そんな薄毛や抜け毛を改善するグッズとして注目されているのがフィナステリドです。フィナステリドには発毛効果があるので、当時の髪の毛のボリュームを取り戻すことができます。通販で簡単に手に入るフィナステリドについて調べてみましょう!

薬と男

ミノキシジルの副作用とは

頭皮に関する心配する人

ミノキシジルは薄毛の治療に効果的な医薬品として知られています。
この薬を利用したら剛毛になってしまったという声を聞いたことのある人もいるでしょう。
これは多毛症と呼ばれる症状であり、髪の毛だけでなく髭や眉毛など全身の体毛が濃くなるということです。

ミノキシジルはもともとは高血圧の患者のために作られた薬であり、血管を拡張するという作用があります。
使用すると一時的に血流が良くなるため、隅々まで酸素や栄養素が行き渡るようになります。
酸素や栄養素は髪の毛の成長に必要なものですが、髪の毛以外の体毛の成長も促進されるということです。

ミノキシジルには大きく分けて2つのタイプがあります。
外用薬タイプと経口薬タイプのものがありますが、どちらのタイプでも副作用のリスクがあるので注意しましょう。
しかし、外用薬タイプの方が体毛が濃くなることは少ないとされています。
人によってはほとんど症状が出ないこともありますし、症状が出た場合でも眉毛や睫毛だけ濃くなるケースが多いです。

経口薬タイプのミノキシジルは副作用として体毛が濃くなることが多いです。
こちらのタイプは服用することで血液の中に成分が入り込みますし、全身に作用が行き渡ります。
そのため髪の毛以外の部分も剛毛になりやすいということです。
しかし、外用薬タイプより発毛増毛効果が高いという特徴もあります。

ミノキシジルの副作用で濃くなった体毛は薬の使用を中止すれば少しずつ元の濃さに戻っていきます。
二度と元に戻らないというわけではないので安心しましょう。
もともと体毛が濃くてコンプレックスを抱いている人は途中で使用を中止してしまうこともあります。
しかし、多毛症が治るということは増えた髪の毛も元に戻ってしまうということです。
髪の毛を維持するためにはミノキシジルを一生使用する必要があります。

ミノキシジルの副作用は体毛が濃くなるだけではありません。
一生飲み続けるかどうかはそれぞれの判断で良いのですが、副作用のリスクも知ったうえで判断しましょう。

発生しやすい副作用としては、頭痛や吐き気、動悸、眩暈、倦怠感などが挙げられます。
また、ミノキシジルには血管拡張作用があるため、心臓や循環器系に負担を与える可能性も高いです。
異変を感じたらすぐに使用を中止してドクターに相談しましょう。

ミノキシジルで体毛が濃くなったら治らない?

ミノキシジルの服用および塗布を続けていくうちに起きる体毛が濃くなる現象は一生治らないということはありません。
剛毛を元に戻す最も単純な方法は、先に述べた通りでミノキシジルの使用を中止することです。
しかし、以下の方法をとれば体毛が必要以上に濃くなるのを防ぎながら薄毛の治療を続けることができるでしょう。

一番手っ取り早い対処方法は、ミノキシジル含有薬の量を減らすことです。
もし、5パーセントの濃度の外用薬を使用しているのであれば1パーセントのものに変え、10ミリグラムの内服薬を飲んでいる場合は半分の5ミリグラムか、さらに少ない2.5ミリグラムのものに変えてみると良いです。
濃度を減らすと作用が弱くなってしまい、その分治療に必要な期間が長くなってしまう可能性があります。
多毛症以外の副作用が発現する可能性も一緒に下げることができ、安全に薄毛治療ができるようになります。

含有量を減らさずに体毛が濃くなる現象を改善したい場合は、脱毛をするのが最も有効な対処法となるでしょう。
脱毛には大まかに、家庭で試すことができる方法、メンズエステサロンで受けられる方法、美容皮膚科で施術を受ける方法の3つがあり、この順番に料金が高くなる分、高い脱毛効果を得ることができます。

特に、体毛の再生率を極端に下げることができる永久脱毛については、美容皮膚科にしか実現できるメニューが用意されていません。
メンズエステサロンでも効果が高いメニューが用意されていますが、機器の出力が大きくないため完全な永久脱毛にはなりません。
事前にまとまったお金を用意しなければなりません。
気になる状態を放置するよりはずっと良いはずなので、まずはメンズエステか美容皮膚科に行って相談をしてみましょう。